企業の資金調達に必要なものとは

もう迷わない!事業展開に必要な資金調達方法

>

資金調達しなければならない時とは?

自分の身内や知人に出資してもらう

「事業の資金繰りが厳しい」「新規事業展開に伴い、資金が必要」家族や友人にそういわれて、出資を求められた事はありませんか?個人出資を家族や友人に依頼するのは昔からある方法で、金利や貸付の期間に自由度が高いのが特徴です。しかし申し出る方、そして持ちかけられた方も複雑な気持ちになってしまうケースもあります。
また自由度が高く、個人間での貸し借りなので返済期間を伸ばしてしまい、信用を無くしてしまう事もあります。個人からの出資はトラブルを手軽な反面トラブルが多いですのでしっかりと説明を行い、出来れば契約書を交わすと双方が安心出来ます。
音声録音や第三者を交えて、出資をしてもらうのも詐欺や無用なトラブルを避けるポイントになります。

個人投資家から出資をしてもらう?

あまり日本にはなじみのない方法ですが、資金調達の方法として個人投資家から出資をしてもらう方法があります。海外ではその方法をエンジェルと呼び、多くの企業が出資をしてもらっている様ですが、そもそも日本では個人投資家と出会う事が少ないと言えます。日本で個人投資家から出資をしてもらう場合は事前に紹介や、個人投資家の注目を集める事業展開をしておく必要があります。
ちなみに個人投資家の多くは起業経験者が多く、親密になれば経営や運用のアドバイスをもらえる可能性もありますので、事業展開をする際に個人投資家の目線や注目を配慮するのも賢い手段です。日本ではまだまだ珍しい資金調達方法ですが、とても強みのある方法といえます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る